Visual Studio のコードでは TypeScript 保存時の自動コンパイル

この記事で我々 は、2 つの問題を解決します。: 1) コマンド “TSC” 対統合端子のコードが認識されません。, および 2) コンパイル動作しません自動的にファイルを保存するとき “.TS” (スクリプトの種類).

導入

文脈をするだけ, 、 Typescript 厳密に型指定された構造を使用してコードを記述して、このコンパイルされたコードを純粋な java スクリプトの設定をすることができます。. 既に、 Visual Studio コード Microsoft によって作成されたマルチプラット フォーム エディター.

// この記事で使用されているバージョン:
- Visual Studio () コード: バージョン 1.14.1
- Typescript: バージョン 2.4.1

これは簡単なヒント, 何をやっているか分からない問題がある場合がありますが、: 私の場合は :(D)

Node.js と TypeScript のインストール

TypeScript をインストールする方法の 1 つは、Node.js のパッケージ マネージャーです。 (故宮博物院 – ノードのパッケージ マネージャー), しかし、それを使用するには, まず必要があります。 インストール、 Node.js.

ノードをインストールした後, ターミナルを開いてください。 (コマンド) 次のコマンドを実行 TypeScript をインストールします。:

故宮博物院のインストール -g typescript

Windows ターミナル (または Linux), インストールされているバージョンを確認することによって、TypeScript のテストの実行を行う. コマンド “TSC” 頭字語は、TypeScript コンパイラ.

TSC -v

問題

問題コマンドは、 “TSC” Windows ターミナルで正常に機能してください。, 統合されたターミナルではなく Visual Studio のコード中だが、 (対コード), 次のエラーを表示します。:

「tsc ' 認識されません。 として 内部または外部コマンド,操作可能なプログラムまたはバッチ ファイル ファイル.

さらに, コマンドを実行したくなかった “TSC” たびに私はファイルをコンパイルしたいです。 “.TS” (TypeScript への拡張). だから, どのように保存する自動ビルドを行う (CTRL キーを押しながら S)? 私たちがさらに表示されます。.

アウトロの誤り

これらの問題を解決しようとしています。, 使用すると言う記事を発見した、 compileOnSave, しかし、これは Visual Studio でのみサポート 2015 TypeScript の > = 1.8.4 アトム typescript プラグイン. IE, 使用しても意味がないです。 compileOnSave で “json tsconfig。” Visual Studio コード, 次のコードは動作しません:

{
   "compileOnSave": 場合は true。,
   "compilerOptions": {
       "noImplicitAny" : 場合は true。
   }
}

ソリューション

VS で TSC 統合ターミナル コード

最初に、我々 はの問題を解決します。 TSC Visual Studio の統合端子のコードで認識されません。 (対コード).

いくつか 投稿 示唆している PATH 環境変数に tsc や npm のパスを挿入, この問題を解決する簡単な方法をやっていたが、 インストール、 “Visual Studio の typescript, 対コードに互換性があります。.

今はい, インストール後, 開いている Visual Studio 統合ターミナル コード, 入力します。:

// Visual Studio のショートカット キー統合ターミナル コード:
CTRL キー+`
// メニューを使用して、Visual Studio のコードで端末を開くまたは:
ビュー > 統合されたターミナル

チェックしてみてください、 TypeScript バージョン 統合されたターミナル コード対直接 (Windows ターミナルではなく), おそらく作業になりますと:

TSC -v

ファイルの保存時の自動コンパイル .TS

ターミナルのコード スクリプト ディレクトリに対をスタンドします。 (.TS), 例えば、:

CD C:\wamp64wwwts

ファイルを作成します。 json tsconfig。 ターミナルとコードを入力して:

TSC --init

注意してくださいファイル “json tsconfig。” 作成されます。 “(C):\wamp64wwwts” (現在のディレクトリ).

開いている、 json tsconfig。 オプションを有効にして “ソースマップ”: 場合は true。, 変更を保存し、, このように:

  "compilerOptions": {
    /* 基本的なオプション */
    "target": "es5",                          /* ECMAScript ターゲット バージョンを指定します。: ' バッファロー ' (デフォルト), 「ES5 ', ' ES2015 ', ' ES2016 ', ' ES2017 ', または 'ESNEXT'. */
    "module": "commonjs",                     /* モジュール コードの生成を指定します。: ' commonjs ', 「amd」, ' システム ', ' umd ', ' es2015 ', または 'ESNext'. */
    // "lib": [],                             /* コンパイルに含まれるライブラリ ファイルを指定します。:  */
    // "allowJs": 場合は true。,                       /* コンパイルする javascript ファイルを許可します。. */
    // "checkJs": 場合は true。,                       /* .Js ファイルでエラーを報告. */
    // "jsx": "preserve",                     /* JSX コード生成を指定します。: ' preserve', ' 反応するネイティブ ', または '反応'. */
    // "declaration": 場合は true。,                   /* 対応する生成します '. d.ts のファイル. */
    "sourceMap": 場合は true。,                     /* 対応する '.map' ファイルを生成します. */
    // "outFile": "./",                       /* 連結し、1 つのファイルに出力. */
    // "outDir": "./",                        /* ディレクトリにリダイレクト出力構造. */
    // "rootDir": "./",                       /* 入力ファイルのルート ディレクトリを指定します。. -OutDir と出力ディレクトリ構造を制御するために使用. */
    ... 続けています。 ...

準備ができて, アゴラ é só ir ターミナルは対コード e digitar o コマンドを行う:

TSC -w

エステ コンジュント fica monitorando (ou vendo, だから “w” ・ デ ・時計) aplicação e qualquer alteração ない arquivos .TS, quando 一斉射撃, fará imediata compilação em .js.

それです!

総ヒット数: 1118

メッセージを残してください

あなたのメール アドレスは公開されません. 必要なフィールドが付いています *